占術について

当たるも八卦、当たらぬも八卦と言いますが、占いは目に見えない運勢の吉凶を知ることができ、行動や言動などの的確なアドバイスを得ることで日々の充足を得ることができます。
占いにもいくつか種類がありますが、大別すると3つに分かれます。

〇命

その人の運命や宿命を占います。生年月日や時間、生誕地などの要素を取り入れてその人の性質や傾向、人生の流れを占います。占星術や数秘術、動物占いや誕生日占いがこれに該当す
る。この種類の占いの性質上、専門知識を必要とする占いが多いです。

〇卜(ボク)

その人が関わる事柄について占い、物事を決断する際に多く用いられ、主に時間や方位、事象を参照して占います。専門的な知識を必要としない、子供同士で行う占いのほとんどがこれ
に該当し、簡単なところでは花びら占いや鉛筆占い、あみだくじなどもこの「卜」に含まれます。知識を問われるものとしては水晶占いやタロット占い、ダウジングや神社のおみくじも
これに該当するなど、知名度の高い占いと言えるでしょう。

〇相

見た目の姿や形など、目に見えるものを元にする占いです。手相占いや人相占いなど、○○相と呼ばれる占いや姓名判断、夢占いや風水なども相に分類されます。見た目に表れるものを
基本に占うので、視覚心理学、図形心理学、音声心理学などでもあります。

現代においては風水などが良い例ですが、これらの3種類の占いを単一で用いるのではなく、占う人の目的や用途に応じて組み合わせて用いられることが多いです。

自分の運勢は大変重要なものではありますが、目には見えないというもどかしさがあります。占いはその運勢をある程度目に見える形で表すことが出来るので、自分にあった方法で用い
て見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>